HOME > お知らせ

お知らせ&最新情報

お知らせ


3/11(土)体外受精セミナー開催のお知らせ
※基本、毎月第2土曜日に開催いたします。詳しくはこちら

不妊カウンセラーによる無料個別相談
現在、毎週火曜日に不妊カウンセラーによる無料個別相談(要予約)を実施しております。
初診時には、とくにおすすめです。曜日のご都合が合うようであれば、ぜひご利用ください。
受付(078-265-6475)

林篤史医師が、8月より正式に山下レディースクリニックに就任しました。
山下院長とともに、連日、皆様の診療にあたらせていただきます。

6/27(月)スタート! 『ナース治療説明』開設のお知らせ
看護師による『ナース治療説明』(予約制/無料)がはじまります。当院に通院中の患者さまで、検査や治療の説明をもう一度じっくり聞きたいという方、人工授精(AIH)や体外受精・顕微授精などのARTへステップアップを検討中のため、各治療の具体的な内容を説明してほしいという方におすすめ。月・火・水・金の12時〜17時。お電話(078-265-6475)ないしは受付で直接ご予約ください。

平成28年4月より林篤史医師をお迎えします。
かねてより、月に1度、診療をお願いしていた大阪医科大学付属病院 産婦人科の林篤史医師を、山下レディースクリニックにお迎えすることとなりました。
林医師は、4月より、月曜日、水曜日、土曜日の週に3回、皆さまの診療にあたらせていただきます。

WEB予約を開始しました。
当院ではより便利にご利用いただけるよう、インターネット(携帯電話、スマートフォンやパソコン)を利用した予約システムを導入いたしました。詳しくはこちら

問診票のダウンロードができます。
受付・診療時間ページから問診票のダウンロード(PDFファイル)ができます。
初診の方はどうぞご利用ください。

通院中の方限定、胚培養士による『たまご相談室(治療相談)』
胚培養士が、現在、当クリニックに通院中の方でARTを受けておられる方ならびに受けようとされている方からの個別治療相談(完全予約制)をお受けします。
これまでどおり、メール相談フォームも、あわせてご活用ください。

ざくろの実●通信 13秋号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 13夏号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 13春号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 12-13冬号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 12秋号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 12夏号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

当院の記事が、5月6日付けの読売新聞「病院の実力(兵庫編)」に掲載されました。
拡大記事はこちらをクリック

ざくろの実●通信 12春号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

1997年に神戸三宮に『山下レディースクリニック』を開院して1月で丸15年を迎えました。

これまでに5000組をゆうに超えるご夫婦が妊娠され、当院を卒院されていかれました。
これからも、1組でも多くのご夫婦の切なる夢が、1日でも早くかなうよう、
スタッフ一同、日々励んでいきたいと思います。お二人の赤ちゃんを、ご一緒に迎えにいきましょう。

ざくろの実●通信 11-12冬号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 11秋号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 11夏号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 11春号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 10-11冬号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 10秋号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 10夏号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 10春号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 09-10冬号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 09秋号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

男性不妊外来を開設しました。
担当医/増田裕医師(大阪府四条畷市/畷生会脳神経外科病院 泌尿器科部長)

毎月第一&第三土曜日午前診のみ
完全予約制(受付窓口orお電話で)

精液検査の結果について、もう一度詳しい説明が聞きたい……
男性不妊の治療方法を泌尿器科医に相談してみたい……
そんな方もどうぞご利用ください。

ざくろの実●通信 09夏号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

最先端治療の導入『無精子症』と診断された方のための
MD-TESE ICSI(顕微鏡下精巣内精子採取術・顕微授精)

精液検査の結果、『無精子症』と診断されても、どうかお二人の赤ちゃんを抱く夢をあきらめないでください。たった、1個の精子があれば、妊娠が成立する可能性はあるのです!
山下レディースクリニックでは、大阪府四条畷市・畷生会脳神経外科病院との連携体制により、従来の『TESE-ICSI(精巣内精子採取術)』に比べて、より効率よく精巣内の精子を探し出すことができる『MD-TESE-ICSI(顕微鏡下精巣内精子採取術・顕微授精)』を、全国に先駆けて導入しています。

<治療のおおまかな流れ>
(1)まずは、当院で受診してください
(2)畷生会脳神経外科病院(大阪府四条畷市)にて、当院の胚培養士も参加のもと、ご主人さまのMD-TESEを実施
(3)精子が見つかれば、当院に持ち帰り凍結保存
(4)奥さまに卵巣刺激を行い採卵
(5)精子を融解して顕微授精(ICSI)
(6)受精したら、胚を培養してから奥さまの子宮内に移植し妊娠を期待します

MD-TESE担当医 プロフィール

増田 裕(ますだ ひろし)
大阪府四条畷市/畷生会脳神経外科病院 泌尿器科部長

1993年に大阪医科大学を卒業し、臨床研修を開始。1994年枚方市民病院で経験を積み常勤医となる。1997年大阪医科大学大学院医学研究科博士課程に入学(泌尿器科科学専攻)し、泌尿器科専門医取得。2002年枚方市民病院泌尿器科副部長。2005年藍野病院泌尿器科部長。2009年に入り、当院と連携してTESEを行なう。2012年に生殖医療専門医を取得。2016年畷生会脳神経外科病院泌尿器科部長。
日本で45人しかいない、生殖医療専門医と泌尿器科専門医の両方を持つ泌尿器科手術、男性不妊治療のエキスパート。

新しい不妊検査がはじまりました
1.卵巣の予備能を推しはかるホルモン Anti-Mullerian Hormone (AMH)の血液検査
最近、卵巣の機能を正確に評価することができる有効な指標として、AMH(抗ミューラー管ホルモン)が注目を集めています。これまでは、卵巣の機能を評価する指標として、血液中のFSH(卵胞刺激ホルモン)の値が用いられてきましたが、月経周期中に値が変動するため、FSHだけで卵巣機能を正しく評価するのは難しい側面もありました。ところが、このAMHは、月経周期を通して値がほぼ一定しているため、より信頼できる指標となり得るのです。

<検査でわかること>
・排卵誘発剤にどのくらい反応するかが予測できます
・あなたの卵巣年齢がわかります
・治療に残された時間がわかり、進め方を決めるのに役立ちます
・血液検査で測定可能です

<検査時期>
・検査の実施時期は、いつでもかまいません

2.精子特性分析機(SQA-V)を用いた精液検査
最大500倍の光学ズーム付顕微鏡を搭載した、精液の自動分析装置『精子特性分析機(SQA-V)』を用いた精液検査を開始しました。従来の保険診療による精液検査(目視で実施)に比べて、受精能と関係が深いSMI(精子自動性指数)など、形態観察や運動性において、より詳細なデータ解析が可能になりました。

<検査時期>
・検査の実施時期はいつでもかまいません

ざくろの実●通信 09春号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

山下レディースクリニックでは受精卵の取り違え防止に万全の対策をとっています。

  1. 培養容器(シャーレ)の本体と蓋の両方に、お名前とカルテ番号を記入した識別シールを貼付しています。
  2. 一つの作業スペースで、複数の患者さまの卵子・精子・受精卵を同時に取り扱うことはありません
  3. 採卵から胚移植に至るまで、全工程を2人一組でダブルチェック
  4. IVF/ICSI の処置や卵子・精子・受精卵のシャーレ間の移動など、すべての作業工程において何時何分にどの培養士が施行したのか記録を残し、責任の所在をあきらかにするとともに状況把握をしています。
  5. 医療事故は、小さなミスから……というコンセプトに基づいて、日々の仕事から危険予測事例集を作成し、スタッフがその情報を共有してリスク回避に活用しています。
  6. 各部署ごとに、リスクマネージメントマニュアルがつくられています どうぞご安心ください。

院 長 山 下 正 紀

ざくろの実●通信 08・09冬号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 08秋号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

胚培養室スタッフがQ&A掲示板に参加します!
「Q&A掲示板をご利用いただきましてありがとうございます。診療や業務の合間をぬっての回答となりますため、質問をいただきましてからお返事を差しあげるまでに時間がかかる場合がありますこと、何とぞご了承ください。
  また、このたび新たに、体外受精や顕微授精のご質問の中でも、とくに胚や精子に関する質問につきましては、国内屈指と自負しております当院の胚培養室スタッフが、直接お答えできる態勢を整えました。どうぞ振るってご質問ください」

ざくろの実●通信 08夏号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 08春号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

ざくろの実●通信 創刊号を発行いたしました。
『ざくろの実●通信』は、『山下レディースクリニック』に通院していただいている方々へ向けた、クリニックからのお知らせであり、大切なメッセージをお届けする切手の貼られていない手紙です。
内容はこちらをクリック

Q&A掲示板 試験的に再開いたします。
これまでQ&A掲示板への新規の投稿の受付を中止しておりましたが、皆様からのご要望を受け、この度、試験的に再開させていただくことになりました。また、質問をいただきましてからお返事を差しあげるまでに、少しお時間がかかるとは思いますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
Q&A掲示板 → http://www.ylc.jp/faq/bbs.cgi

山下へのご質問、ご相談のある方は、「不妊なんでもQ&A」から不妊相談事例集へと入っていただき、もっともお聞きになりたいことの書かれていそうなコンテンツをクリックしてみてください。過去のQ&Aのやりとりが、わかりやすく分類されているかと思います。新たにご質問を投 稿される場合は、このページの右下に、看護師のイラストが描かれた入 り口がありますので、こちらをクリックして「あなたの相談窓口」へと お進みください。

「子宝草」が元気に育っています
クリニックでは「子宝草」が元気に育ち、かわいい「子宝草の赤ちゃん」がどんどん生まれています。ご希望の方には苗を差し上げますので受付にお声をかけてください。
 

院長・山下正紀著『赤ちゃんが欲しい なんでも相談室』好評発売中です!
当クリニック旧サイトの「不妊相談Q&A」のコーナーが本になり、2003年7月に『Q&Aで不妊治療のギモンを解決!『赤ちゃんが欲しいなんでも相談室』(主婦の友社)として発行されました。
わかりやすい基礎講座と実践的なQ&Aで不妊かな?と思った人から、治療の悩みをかかえる人まで、あなたのギモンをすべて解消するお役立ちの一冊。本体価格1,400円(税別)
院内でも、特別価格1,000円で販売中(税込)ですのでご利用ください。