HOME > クリニックについて > 医師の紹介

山下レディースクリニックについて

医師の紹介


● 院長の山下正紀(やましたまさのり)です

 私たちのクリニックを卒院されたご夫婦から、日々、赤ちゃんの誕生やその成長ぶりを伝える便りが届きます。お子さんの愛らしい写真をながめるひとときはつくづくうれしいもので、「ああ、この仕事をやっていて本当によかった」とはげまされる瞬間でもあります。

 私が不妊治療医を目指したのは、京都大学産婦人科に入局して間もない1983年のこと。その年、日本ではじめての体外受精児が誕生したのです。我が子を抱きしめたくても、かなわぬ夢とあきらめていた夫婦にとって、それは大きな衝撃であり、新たな希望の扉を開く出来事でした。そして、ひとりの新米産婦人科医を生殖医療の道に駆り立てるにも、十分すぎる事件だったのです。早速、体外受精の基礎から学ぶべくオーストラリアに渡りました。帰国後の1986年には、舞鶴市民病院で近畿初のGIFT法による妊娠に成功。以来、同院や神戸市立中央市民病院で、不妊に悩むご夫婦のお力になりたい一心で不妊治療に携わってきました。

 それまでの貴重な経験を生かすべく、1997年に山下レディースクリニックを開院。一般不妊治療から体外受精、顕微授精、そして凍結融解胚移植まで、あらゆる段階の不妊治療を手がけ、みなさまに信頼される不妊治療専門施設として着実に実績をあげてきました。おめでたに関わらせていただいたご夫婦は、2015年には7千組を超えました。ここ数年は、年間400組をこえるペースで成果が出ています。

1954年 京都府に生まれる
1980年 奈良県立医科大学を卒業し、京都大学産婦人科に入局
舞鶴市民病院産婦人科医長に着任
1986年
オーストラリア・アデレード大学で体外受精の基礎から研鑚を積む
同年 舞鶴市民病院にて近畿初のGIFT法による妊娠に成功
引き続いて体外受精にも成功し同院の生殖医療を確立した
1990年 神戸中央市民病院に着任
産婦人科医長、体外受精チーフとして数多くの患者さんの治療にあたる
1997年1月 神戸三宮に山下レディースクリニックを開設
2004年1月 現所在地(神戸三宮 磯上通)にクリニックを移転

<資格・役員・所属学会>

● 林篤史(はやしあつし)です

大阪医科大学を卒業後、不妊治療と内視鏡手術を専門に診療してまいりました。大学病院のため子宮筋腫や子宮内膜症などを合併された不妊症例を数多く経験し、不妊治療、手術療法双方の視点から最適な治療方針をご提案できるよう努めてまいりました。

医師が本当に信頼できる医師はそう多くはいません。神戸で産婦人科を開業している父の紹介で山下院長とめぐり合うことができました。山下院長の不妊治療に対する考え方に触れ、「これこそが私のしたかった不妊治療だ!ここならそれを実現できる!」と確信し、こちらでお世話になる決意をしました。

多くの不妊症カップルは健康には何ら問題なく、普段の生活になんの支障もないのです。問題はただ一つ、まだ子宝に恵まれないという状態であるということです。そのように考えると、不妊治療とは当院のホームページ冒頭にあるように、まさに「赤ちゃんを自分たちから迎えに行く」ことなのだと思います。ですから私は、患者様には「治療を受ける」ということを決して負い目に感じてほしくないと思っています。一緒にのんびり屋さんを迎えに行きましょう。そのお手伝いが私どもの仕事だと思っています。

出身地 広島県に生まれ、幼少期より兵庫県西宮市で育つ
2002年 大阪医科大学を卒業し、大阪医科大学産婦人科へ入局
2003年
高槻赤十字病院
2004年 大阪医科大学産婦人科助手に着任
2005年 公立宍粟総合病院
2007年 大阪医科大学産婦人科助教に着任
2016年 大阪医科大学産婦人科講師に着任
山下レディースクリニックに入職

<資格・役員・所属学会>