HOME > 一般不妊治療TOP > 人工授精(AIH)

一般不妊治療

人工授精(AIH)


  • 正確に予測した排卵日に、子宮内に直接、精子を注入して、妊娠を期待する
  • 軽度の男性不妊の方、タイミング法で一定期間、妊娠されない方などが適応
  • 当クリニックのAIHの妊娠率は、全国平均の5〜10%を上回る好成績
  • AIHが有効で妊娠した方の9割は、6回目までに妊娠している

次のステップでは、精子を子宮内に確実に送り込みます。卵子を目指すレースに、精鋭部隊をルートの途中から投入する作戦です

 精子の数が少なかったり動きがにぶかったり(軽度の男性不妊)、また子宮の入り口から分泌される頚管粘液の状態が悪かったりすると(頸管粘液分泌不良や抗精子抗体陽性)、十分な数の精子が子宮内に進入できません。このようなケースでは、通常の夫婦生活での妊娠は難しいといえます。
 そこで専用のカテーテルを使い、排卵のタイミングに合わせて精液を直接子宮内に注入して、自然な受精と着床を期待しようというのがAIHです。
 タイミング指導を半年から1年試してもうまくいかない場合も、このAIHに進みます。
 当クリニックのAIHの妊娠率は、全国平均(5〜10%)よりも高い傾向にあり、平成19年の治療周期あたりの妊娠率は、なんと約14%でした! 同年は、人工授精にチャレンジされた方のうち、約3人に一人が人工授精によって妊娠されています。しかも、そのうち9割以上の方が人工授精6回目までに妊娠。さらには、約7割が3回目までに妊娠しています。このことから、AIHが有効だと考えられる回数は、おおよそ6回くらいである(とくに3回目までは期待が持てる)と考えることができます。もちろん、残る1割の方は7回以上続けられたからこそ、妊娠されたということも忘れてはいけません。
 AIH6回で妊娠に至らなかった場合、体外受精や顕微授精の段階にステップアップするべきかどうかは、ご夫婦の価値観や奥さまのご年齢など、様々な状況を考慮して、お二人で決めていくべきことなのです。
※なお、当クリニックでは【産み分け】は行っておりません。

  1. 排卵日を正確に予測
    過去の基礎体温表や超音波検査で測った卵胞サイズから、排卵日を正確に予測します(タイミング法に同じ)。AIHは、できれば排卵予測日当日、都合がつかなければ前日に予定します。ポイントは、卵子より先に精子を卵管膨大部に送り込むこと!
  2. 排卵検査薬がプラスになったら採精
    ドクターに指示された日から、排卵検査薬(尿中LH検査薬)を使用。陽性になったら、専用容器にマスターベーションで精液を採って、病院へ。
  3. 元気な精子を選びます(洗浄・濃縮)
    精液はそのまま注入するのではなく、密度勾配法を用いて 動きのいい元気な精子を選び出し、それを濃縮してAIHを行います。
  4. 子宮内に精子を入れます
    専用のカテーテルを子宮口から子宮の中に入れ、0.5ml以下の洗浄・濃縮処理をした精液を注入します。
  5. 翌日、タイミングがあっていたかの確認
    排卵予定日の翌日に、超音波検査で排卵が本当に起きたかどうか、つまりAIHのタイミングはあっていたかどうかをチェックします。