HOME > クリニックについて > 治療にかかる費用

山下レディースクリニックについて

治療にかかる費用


  • 不妊治療には、健康保険が適用されるものと、自費診療になるものがある
  • 基礎検査やタイミング法までの不妊治療の多くは、健康保険が適用される
  • 一定の条件を満たせば、体外受精などの治療費への一部助成制度がある
  • 山下レディースクリニックは、各自治体の特定不妊治療費助成事業の指定医療機関

すべてが高額とは限りません。不妊治療は、健康保険が適用される治療と自費診療になる治療があるのです

● おもな自費診療の料金表(税抜き)

不妊治療には、健康保険が適用される治療と適用外のものがあります。不妊原因を探るための基礎検査やタイミング法までの段階の診療であれば、そのほとんどに健康保険が適用されますので、ご安心ください。ひととおりの基礎不妊検査を受けるための自己負担額は、およそ3〜4万円になります。

下記に、健康保険が使えない治療の費用をまとめましたので参考になさってください。
なお、山下レディースクリニックは、各自治体の特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。
一定の条件を満たしている場合には、体外受精や顕微授精にかかる費用の一部が、自治体より助成されます。

★ パーコールAIH 20,000円
*この手技費用には、精液検査など
AIH当日に必要なご夫婦の費用をすべて含みます。
★ 刺激周期 ●採卵
(初回・2回目) 100,000円
(3回目以降) 80,000円

●培精培養(D3まで 初期胚培養) 60,000円

●胚移植(AHAを含む) 70,000円
★ 低刺激周期
●採卵
(初回・2回目) 100,000円
(3回目以降) 80,000円

●培精培養 40,000円

●胚移植(AHAを含む) 70,000円
★ 凍結胚移植 120,000円
(融解50,000円・胚移植70,000円、胚移植にはAHAを含む)
★ オプション ●麻酔料 20,000円

●顕微授精
・基本料金 40,000円
・追加料金 授精卵数 (1〜5個)  1個につき8,000円
・追加料金 授精卵数 (6〜10個)  6個目以降、1個につき4,000円
・追加料金 授精卵数(11個以上) 60,000円

●長期培養
・D4 桑実胚培養 10,000円
・D5/D6 胚盤胞培養 30,000円

●AHA 10,000円

●エンブリオ グルー 10,000円

●胚凍結
・基本料金 60,000円  ※1年の保管料を含む
・追加料金  胚(1〜3個) 1個につき 10,000円
・追加料金 胚(4個目以上) 4個目以降、1個につき5,000円

●卵子凍結
・基本料 60,000円 ※1年の保管料を含む
・追加料金 胚(1〜3個) 1個につき10,000円
・追加料金 胚(4個目以上) 4個目以降、1個につき5,000円

●卵子活性化料 20,000円

●TESE精子処理料 80,000円 ※6か月の保管料を含む

●精子凍結料 20,000円 ※6か月の保管料を含む

●胚凍結更新料 50,000円 ※1年毎

●精子凍結更新料 20,000円 ※6か月毎

●TESE-ICSI 40,000円

●2段階移植 40,000円

*尚、採卵するも卵が全く採取できなかった場合、採卵料として50,000円を請求させていただきます。
*卵を採取するも未熟・変性にて使用できない場合、採卵料・卵処理料として70,000円を請求させていただきます。
*TESE精子処理にて精子が見つからなかった場合、20,000円を返金いたします。
*体外受精・顕微授精に関しては、感染症検査、排卵誘発剤などの注射、点鼻薬などの費用が別途かかります。

平成29年1月現在

● 体外受精や顕微授精にかかる費用の一部が助成されます!

体外受精などの不妊治療にかかった費用の一部を助成する、特定不妊治療費助成事業が各地域でスタートしています。
お住まいの地域によって、助成内容などが異なりますので、詳しくは各地域のホームページ等をご覧下さい。
その他の地域でも助成を受けていただくことができますので、詳しくは当院にお問合せください。