1. TOP
  2. お知らせ
  3. 再生医療を応用した新しい治療法を開始しました(PFC-FD療法)

再生医療を応用した新しい治療法を開始しました(PFC-FD療法)

お知らせ

PFC-FD療法とは

PFC-FD療法は、血小板由来因子濃縮物(PFC-FD: Platelet derived Factor Concentration, Feezed Dry)を使って子宮内膜を整える不妊治療方法で、患者様自身の血液から抽出した血小板由来の成長因子を子宮内に注入し子宮内膜を厚くすることを促します。

再生医療の一つにPRP治療法(多血小板血漿、platelet-rich plasma)があり、血小板そのものを子宮内に注入しますが、PFC-FD療法では血小板から抽出した成長因子のみを注入します。同量の血液から作成した場合、PRPに比べ、FC-FDには約2倍の成長因子(PDGF、TGF-β、VEGF、EGF、FGF、HGF、IGF-1)が含まれていると言われています。これらの成長因子が細胞の成長や免疫に関わることで子宮内膜が十分に厚くなることが期待でき、そのことにより受精卵が着床する可能性を高めると考えられています。

PRP療法は「再生医療法等安全性確保法」に基づき、厚労書へ認定申請手続きを経て厚労大臣から認定を受けた治療であるのに対し、PFC-FD療法は患者様の血漿成分から血小板由来因子のみを抽出・濃縮したものを治療に使います。

血液加工は、特定細胞加工物製造許可施設として厚生労働省の認可を得ている外部医療センターであるセルソース株式会社に委託します。

子宮内膜が厚くならない患者さまへ

ART治療では採卵後、受精させた胚を一旦凍結し、融解した胚を移植する症例が良好な結果が得られることより、新鮮胚を移植する症例よりも割合として各段に多くなっていますが、移植時に子宮内膜の厚さが十分ではなく、移植できない、あるいは着床後の結果が思わしくない場合があります。このPFC-FD治療法では、子宮内膜を整え十分な厚さに整え移植に臨むことが期待できます。

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング体制
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ