HOME > 高度不妊治療 > 顕微授精(ICSI)

高度不妊治療

顕微授精(ICSI)


  • 奥さまの卵子1個にご主人の精子1個を直接注入し、受精を期待する
  • ステップアップ治療において、ARTは最も医療介入度が高いが妊娠率も高い

体外受精では受精が難しそうな場合や受精しなかった場合には、卵子1個に精子1個を直接注入する顕微授精を試みます!

顕微授精(ICSI)とは?

『体外受精(IVF)』が卵子と精子を一緒にすることで自然な受精を待つのに対して、顕微授精では卵子の中に精子1個を授けて受精の成立を待ちます。つまり、医療の手で受精に向けてもう一押ししているわけです。もともとは、体外受精では受精にいたらない重症の男性不妊の人のために考案された治療方法なのです。体外受精以上に医療の介入度は高く感じられると思いますが、その分、やはり高い妊娠率が期待できる治療でもあります。

その顕微授精が世の中に登場(1992年)してから、およそ20年がたちました。現在行われているART治療のおよそ半数は顕微授精によるものです。自然妊娠と比較しても、異常を持った子どもが生まれる率は変わらず、安全性もほぼ確立したといえそうです。

こんなご夫婦が対象です

(体外受精では、受精が難しそうな人や受精しなかった人が対象になります)

重度の男性不妊 精液中の精子数が極端に少ない重度乏精子症、動きが極端に悪い重度精子無力症などの人。
原因不明の受精障害 また精子の数や動きに問題がなくても、体外受精では受精しないことがまれにある。その原因が、卵子にあるのか(卵子の質が悪い)、精子にある(受精能力がない)のかは断定できないが、顕微授精で解決するケースも少なくない。

顕微授精(ICSI)の流れ

現在行われている顕微授精のほとんどは(当クリニックでも)、『卵細胞質内精子注入法(ICSI/イクシー)』と呼ばれる方法です。治療の流れは、精子を授ける授精の過程以外は、通常の体外受精と同じです。

体外受精では1個の卵子と数万の精子を一緒にして自然に受精する(媒精)のを待つのに対して、ICSIでは1個の卵子に1個の精子を直接注入し(授精)、無事にお見合いが成立して受精するのを待ちます。なお、当クリニックでは、2007年より国内でも先駆けて顕微授精の全症例に対し、ピエゾ法(下記)を実施。卵に優しい顕微授精を行い、非常に安定した高水準の実績を出しています。

当クリニックが誇る胚培養室スタッフは、一組でも多くのご夫婦の願いをかなえるべく、日々研鑽を積み、全国平均を上回る妊娠率を達成しています。

  1. 精子頭部の大きさに合わせてピペットの直径を最小化
    詳しくはこちら
  2. 卵子に優しい安全な顕微授精(ピエゾ法)
    授精を行う際は、採卵した成熟卵子の周りにある顆粒膜細胞をとりのぞき、つるりとした卵子のみの状態にします。次に、ホールディングピペットでそっと卵子を固定して、あらかじめ精子1個を入れておいた極細のピペットを卵子の細胞質の中まで刺し込んで、精子を注入すれば“授精”は完了! あとは、“受精”してくれることを祈るのみです。
    なお従来法(写真1)では、卵子が大きく変形していますが、当クリニックでは、ピエゾマイクロマニュピレータを採用することにより、卵子の変形を少なくした、卵子に優しいICSI(写真2)を行っています。

    写真1
    (従来のICSI)
    写真2
    (卵子の変形が小さいピエゾ法)

当クリニックのART治療実績

 山下レディースクリニックでは、これからARTを検討されている方のために、当クリニックでの初回治療周期(※)における累積妊娠率を治療の種類別にグラフ化して公開しています。ここでいうところの妊娠率は、初めての採卵で獲得できた胚をすべて使い切るまで、新鮮胚移植や凍結融解胚移植を行った結果、最終的にどの程度の割合で妊娠が成立しているかを表しています。
※他の施設でARTを繰り返し受けてきた方も含む