HOME > 高度不妊治療 > MD-TESE ICSI(顕微鏡下精巣内精子採取術・顕微授精)

高度不妊治療

MD-TESE ICSI


無精子症でもあきらめないで!精巣内から精子が1個でも見つかれば、顕微授精で妊娠を目指すこともできるのです

泌尿器科との連携最先端治療

 精液検査の結果、『無精子症』と診断された方も、どうかお二人の赤ちゃんを抱く夢をあきらめないでください。たった、1個の精子があれば、妊娠が成立する可能性はあるのです。

 当クリニックでは、大阪府茨木市にある藍野病院の泌尿器科部長・増田裕医師との連携により、『顕微鏡下精巣精子回収術(MD TESE)』を実施しています。精巣内から精子が1個でも回収できれば、『顕微授精(ICSI)』によって妊娠できるかも知れないのです。

治療のおおまかな流れ

  1. まずは、当院で受診してください
  2. 藍野病院(大阪府茨木市)にて、当クリニックの胚培養士も参加のもと、ご主人さまのMD-TESEを実施
  3. 精子が見つかれば、当院に持ち帰り凍結保存
  4. 奥さまに卵巣刺激を行い採卵
  5. 精子を融解して顕微授精(ICSI)
  6. 受精したら、胚を培養してから奥さまの子宮内に移植し妊娠を期待します