HOME > 高度不妊治療 > 孵化補助(AHA)

高度不妊治療

孵化補助(AHA)


うまく孵化できない胚は着床できません。卵の殻の部分にあたる透明帯を薄くして、孵化を助けるのがAHAです

 体外受精や顕微授精がうまくいかないのは、着床に問題がある場合が多いのです。残念ながら着床に関しては、まだわかっていない点が多く、確実に着床させるような技術はありません。

 そのような着床障害の原因のひとつには、胚が透明帯(ニワトリの卵でいえば殻の部分)をうまく破れずハッチング(孵化)できないケースが含まれているといわれています。ハッチングした胚の中身が子宮内膜にもぐり込んで、はじめて着床が成立するのですから、うまく出てこられないことには着床はありえません。

 そこでハッチングが起こりやすいように、移植前の胚の透明帯にあらかじめ穴を開けたり薄くしたりしておこう!というのが、孵化補助(AHA/アシステッド・ハッチング)と呼ばれる作戦です。現在世界中の多くのART実施施設で行われており、安全性は確立しています。

レーザーによるAHA

AHAには、いくつかの方法があります。従来からよく行われてきたのは、酸性タイロードという酸性の液を使って、透明帯を溶かす方法です。ところがこの方法には、酸性の液が胚そのものに悪い影響を与えるかもしれないという懸念がありました。
そこで、最近、開発されたのが、レーザーを使って透明帯を削る方法です。従来の方法とくらべ、酸による影響を心配しなくていいこと、操作がより素早く正確に行えること、操作の際に卵に与えるダメージがまったくないなどの点で優れています。現在まで、かなりの症例が国内、海外あわせて積み重ねられていますが、その中では胚への悪影響などは報告されておりません。

当クリニックでは、このレーザーによるアシステッド・ハッチングを行っております。

写真1(画面上部の平にカットされたような部分がAHAを施した箇所)

こんな人が対象です

次のような人は、ぜひ試してみる価値があると報告されています。

  1. 透明帯が厚い
  2. 女性が35才以上と比較的高齢
  3. 胚移植を繰り返しても着床しない
  4. 凍結融解胚移植を行う

これが孵化し終わった胚盤胞です(採卵6日後)

透明帯をやぶって出てきた胚の中身(上)は、子宮内膜の中へと、まるで植物が大地に根をはるように絨毛(胎盤のもと)になる部分をもぐり込ませていきます。こうして着床した胚は、妊娠10週に胎児と名前を変えるまで“胎芽”と呼ばれます。みなさんの身体の中にも、一日も早く赤ちゃんの命が芽吹きますように。