HOME > 一般不妊治療TOP > 投薬治療

一般不妊治療

投薬治療


  • 不妊原因となる問題点を、投薬でカバーしながら、妊娠を目指す治療を行う
  • 問題点の完治を目的として投薬するのではなく、使用中の妊娠を目指す
  • 排卵や黄体の機能が正常でも、妊娠を後押しする目的で投薬する場合もある

不妊検査で、排卵障害など薬剤でカバーできる問題が見つかった場合には、投薬治療を併用しつつ、不妊治療のステップを上がっていきます

● 排卵誘発剤

(自然には排卵が起こりにくい、もしくは起こらない場合、または黄体の働きが悪い場合などに使います)

飲み薬/シクロフェニル製剤(製品名セキソビット)
もっとも軽い排卵誘発剤です。クロミフェン製剤にくらべれば、排卵誘発効果はそれほど強くありませんが、目立った副作用もありません。

飲み薬/クロミフェン製剤(製品名クロミフェン、クロミッドなど)
軽い視床下部性の排卵障害や多嚢胞性卵巣(PCO)などに有効な脳に働きかけるタイプの排卵誘発剤です。現在もっとも広く使われています。ただし副作用として、頸管粘液が少なくなる欠点もあります。

注射/hMG(FSH)+hCG療法(製品名HMGフジ、フェリングなど+hCG製剤)
クロミフェン製剤で効果がなければ、hMG+hCG療法(ゴナドトロピン療法)を試します。hMG製剤やFSH製剤(製品名フォリスチムなど)は、卵巣に直接働きかけるタイプの排卵誘発剤。効果は非常に強力で、ほとんどのケースで排卵を起こすことができます。その反面、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群(OHSS)などを発症する可能性もありますので、十分な注意と対策が必要です。hCG製剤は、排卵に向けて最終的な成熟をうながす薬。卵胞のサイズを超音波でチェックして、排卵直前に注射します。単独で用いることも。

● そのほか一般不妊治療で使われる薬

(排卵や着床の妨げになったり、流産を引き起こしたりするとされる高プロラクチン血症や甲状腺機能の異常なども投薬で治療します)

テルグリド製剤(製品名テルグリドなど)
乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)の値が高いときには、排卵障害や着床障害を起こす可能性があるので薬で抑制します。

甲状腺ホルモン剤
甲状腺機能低下症の場合も、過多月経、無排卵、流産、高プロラクチン血症などの原因になるとされています。甲状腺ホルモンを補う必要がありますが、投薬量のコントロールが難しいため、専門医との協力のもとで行なわれるべきでしょう。

漢方薬
体質、症状にあった漢方薬を処方します。体調を整え、妊娠の可能性を高めるためには有効です。