シート法・2段階胚移植

高度生殖医療

自然の妊娠では、卵管の先端付近で受精が起こり、受精卵(胚)は分割を繰り返しながら卵管内を運ばれ、子宮に到達。子宮内膜へと着床します。この間、胚が出す物質がシグナルとなり、子宮内膜を刺激し、着床準備が進むのではないかといわれています。

この論理を臨床応用したのが、シグナル役の初期胚と着床を期待された胚盤胞を2回に分けて戻す二段階胚移植ですが、現在は多胎妊娠防止の考え方から単一胚移植が望ましいとされているため、ほとんど実施されておりません。

シート法は、二段階胚移植の問題点(多胎妊娠)をカバーするために誕生した単一胚移植です。
胚盤胞までの培養を行った際に、胚がしたシグナル物質(子宮内膜に着床準備を促す可能性があるとされる)入りの培養液と得られた胚盤胞とを別々に凍結保存しておき、凍結融解単一胚盤胞移植の2、3日前にシグナル物質入りの培養液を解凍して、あらかじめ子宮内に注入することで、着床率UPを狙います。

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • カウンセリング体制
  • 不妊なんでもQ&A

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ