クラミジア検査

一般不妊治療

どんな検査?

クラミジアは、現在もっとも多く見られる性感染症です。とくに女性の場合は、感染しても症状がほとんど出ません。知らないうちに、子宮から卵管、そして腹膜へと炎症が広がり、不妊の原因になることがあります。
クラミジア検査には、血液から感染経験の有無をみる抗体検査と、直接子宮頚管の上皮を採取してクラミジアそのものを探す抗原検査の2通りがあります。

いつするの?

抗体検査は時期を選びません。抗原検査は、月経中と排卵時期を避けて行ないます。

何がわかるの?

血液検査でクラミジア抗体が陽性になった場合は、現在もしくは過去に感染経験があることを意味します。抗体が陽性になった場合、抗原検査でクラミジアそのものが見つかった場合には、抗生物質できちんと治療しましょう。なお、夫婦間で移し合うピンポン感染を防ぐために、2人同時に治療することが大切です。

これだけは受けておこう! -基礎不妊検査-

さらに気になることがあるときには -精密不妊検査-

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ