HOME > 生殖補助医療における安全管理の基本指針

 

生殖補助医療における安全管理の基本指針


医療安全管理に関する基本的な考え方
山下レディースクリニックは、患者様中心の質の高い医療を提供し、患者様が安全で安心な妊娠をして頂くことを目的に日常の診療に当たっている。
医療事故防止においては、患者様の利益を最優先に、各職員が医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、安全な医療の実施に真摯に取り組むと同時に、クリニック全体が組織横断的に医療安全管理およびその推進を行っていくものとする。このために、患者様と医療従事者の間に良きパートナーシップを築き、安全で質の高い患者様参加型の医療環境を整備することを目指して、以下の基本指針を定める。

医療安全管理のための組織と体制
1.組織横断的に安全管理を担う部門として「生殖補助医療安全管理委員会」を設置する。
2.生殖補助医療安全管理委員会は、院長を委員長とし、医療事故の発生防止、医療事故への対応など医療安全管理に関する全般的事項を審議する(月 1 回)。
3.各部署(医師、看護師、培養士、事務)に「リスクマネージャー」をおき、現場責任者としてリスクマネジメントの活動の周知徹底および教育などを行う。

報告等に基づく医療安全確保を目的とした改善方策に関する基本方針
1.生殖補助医療安全管理委員会は、医療事故防止の具体的な要点を定める「生殖補助医療における安全管理要綱」を、また各部署においては、その業務内容に特化した「安全管理マニュアル」を策定し、必要に応じて適宣見直し修正を実施する。
2.医療事故が発生する危険性のあった事例(インシデント)については、迅速な報告を求めるとともに、事実関係の把握、原因分析を行い、改善防止策を立て全職員に周知徹底する。

安全管理のための職員研修に関する基本方針
1.医療安全に関する必要な知識・技能の維持向上を図るために、全職員を対象とした教育・研修を年2回以上実施する。

医療事故発生時の対応に関する基本方針
1.第一に患者様の生命および健康と安全を最優先に考え行動する。
2.家族への連絡・説明は速やかに院長が行う。
3.事故の状況は、事実のみを客観的かつ経時的に記録する。
4.当事者は所属長あるいは院長へ報告し、その場を複数の職員で対応する。
5.致命的な事故(死亡または重大な障害)が予測される症例については、直ちに院長に報告し指示を仰ぐ。
6.医療事故が発生した場合は、事故原因の究明、今後の対応策を検討するために「事故調査委員会」をクリニック内に設置する。事故調査委員会には、生殖補助医療安全管理委員会の構成員に加え、必要に応じて外部の専門家を加え、客観的な判断を加えることに努める。

患者様に対する当該指針の閲覧に関する基本方針
本指針はクリニック内に掲示およびホームページに掲載するとともに、患者様およびその家族から閲覧の求めがあった場合にはこれに応じるものとする。